虫歯が脳を蝕むって本当?リスクについて

なぜ虫歯で口腔以外の健康まで損なわれるのか

虫歯が脳を蝕む可能性の有無

結論から述べるなら、虫歯によって脳が蝕まれる可能性は大いにあります。
虫歯以外の口腔内の病疾患が、脳を蝕む可能性もあります。

なぜなら虫歯や口腔内の病疾患の多くは、口腔内の悪性細菌の増殖、つまるところ細菌感染によるものに等しく、細菌由来の感染症である以上、細菌の増殖は必然で、悪性の細菌が増殖してしまえば、更なる細菌感染につながることは火を見るよりも明らかなことだからです。

ゆえに虫歯はもちろんのこと、虫歯以外の口腔内の病疾患を発症した際、歯科医院で適切な治療を受けずに放置すれば、悪性の細菌が増殖していき脳を蝕むことは、十分にあり得ることです。
虫歯に限らず口腔内の病疾患は、そのまま放置すべきではありません。

なぜ虫歯で脳が蝕まれるのか

虫歯が発生する口腔は頭に近いとはいえ、口蓋や頭蓋骨といった骨によって隔てられており、虫歯や口腔内の病疾患で悪性細菌が増殖したとはいっても、脳まで蝕まれることはないのではないかと思われるかも知れません。
残念ながら口腔内での悪性細菌の増殖であっても、脳を蝕む可能性は拭えないでしょう。

その理由は、虫歯や口腔内の病疾患が末期に至った場合、神経まで犯される上、白血球に代表される免疫の循環において重要な役割を果たすリンパ腺の多くが、首から上に集中しているために、口腔内の病疾患によって増殖した細菌がリンパ腺に侵入して体内を巡る可能性があるからに他なりません。

口腔内の病疾患が脳に悪影響を及ぼすことはイメージし難いかも知れませんが、虫歯に脳を蝕まれることも十分にあり得るのです。


シェア
TOPへ戻る