虫歯が脳を蝕むって本当?リスクについて

虫歯由来の頭痛への対策方法

虫歯由来の頭痛の解消方法

虫歯由来の頭痛の解消方法としては虫歯を治すしかありませんので、歯科治療が必須となります。
虫歯によって歯髄炎や歯性上顎洞炎を発症してしまっていた場合、歯科治療だけでは治療しきれないはずですし、脳炎を発症してしまった場合も同様です。

もちろん虫歯に由来する頭痛である以上、虫歯の治療は必要不可欠なのですが、歯髄炎が骨まで至っていれば、歯科治療だけでなく口腔外科治療が必要となるでしょう。
歯性上顎洞炎なら、耳鼻咽喉科、脳炎であれば脳神経外科での治療が必要になります。

このように虫歯由来の頭痛の多くは、虫歯によって引き起こされた病疾患の治療を求められることになるため、一部例外はあっても、歯科だけでは治療しきれないかもしれません。

虫歯由来の頭痛への応急処置と予防法

虫歯由来の頭痛であることがはっきりしているにもかかわらず、すぐに診療が受けられない場合、応急処置として患部の冷却と鎮痛剤の服用が挙げられます。

あまり一般的な頭痛への応急処置と大差ないと思われるかもしれませんが、歯髄炎や歯性上顎洞炎、脳炎にしろ炎症が起きていることは間違いありませんので、患部を冷却することにより炎症を抑制するのは効果的な対処法です。
痛みの信号を遮断するにしても、痛みの原因である炎症を抑制するにしても、鎮静剤は有効な手段となります。

ちなみに虫歯由来の頭痛を予防するには、虫歯を予防することが手っ取り早いため、普段からデンタルケアやオーラルケアにより、虫歯を予防することにご注力ください。


シェア
TOPへ戻る